『サボる時間術(著:理央周)』の概要

今日もお疲れまです。ゆっくりしていってください♪

理央周さんの著書『サボる時間術』を時間の余裕作りの参考に読ませていただきました。僭越ながらままよ流に概要をまとめさせていただきます。

多くの外資系企業で働いたマーケターである著者が語るこれまでの時間術とは逆転の発想。「空いた時間でやろう」と思っていつも時間があかない方におすすめです。

 

どういう本?

「空いた時間でやる」が自分価値向上を妨げる一番の要因だった?!

細かい時間術から脱却し、ポイントを押さえて時間を制する方法を学べます。

こなす時間に追われている社会人の方にとっては、必ず助けになってくれる1冊です。

 

『サボる時間術』の目次

第1章:まじめな人ほど「時間がない」と言う

…「空いた時間」は永遠に訪れない。逆転の発想の時間術。

第2章:どうすればサボれるのか

…時間の塊を生み出すための時間の整理整頓。

第3章:その時間は「お値打ち」ですか?

…仕事に追われているとつい見えなくなる「時間のコスパ」を再考します。

第4章:午後4時45分、机の上はカバンだけ

…理央周さんの経験から見る「上手に力を抜く」大切さ。

第5章:なぜサボるのか

…サボる時間とは「新しいことの準備に充てる時間」と考えてよい。

 

『サボる時間術』の概要

私なりに本書を一言でまとめると以下の通りです。

自分の価値を上げる「サボる時間」を確保せよ!

そのために必要な3つの要素が

①先にサボる時間を確保する

②サボる時間の使い方(戦略)

③こなす時間の減らし方(省力)

という理解です。少ないページ数ですが、この3つを柱として良くまとめられている良書です。特にサボる時間の先行予約の話は、絶対に読んでほしい。

⇒アマゾン:サボる時間術 (日経プレミアシリーズ)

※読書が苦手な方はこちらをご利用ください

 

『サボる時間術』をおすすめしたい方

・作業に追われている方

・毎日変わらぬ日々を送っている方

・このままでいいのか?仕事の将来が不安な方

・言われたことをやるだけの人間をやめたい方

・時間の使い方を根本から見直したい方

 

ままよ流『サボる時間術』の読み方

『サボる時間術』を読む時間がない方のために、まったりマイペースに読書ができるサービスを提供しています。

その名も”ままよみ”

私ヤグナ視点で重要ポイントを線引き・付箋をつけた本のお届けと、要約したノート・音声をお届けしています

本を1から読まなくてもエッセンスを吸収できますし、気楽に生活に活かせるように独自のまとめ方をしています。

読書は面倒くさいという方はご利用ください(*^。^*)

本書のままよみ:『サボる時間術』をままよみする

 

『サボる時間術』の感想(まとめ)

こなす時間は自分の価値を上げてくれません。でも、放っておくとこなす時間に支配されてしまいます。

細かい時間術を使っても同じこと、もっと大胆に発想を転換する必要がある。それに気づかせてくれるのが本書です。

また「サボる時間」という表現がいいセンスですね♪

自分を経営して自分らしく生きる

仕事、友達、勉強、恋人、家族、ダイエット…人生のすべての悩みを解決するためには、「振り回されない自分」を作る必要があります!自分らしく生きても他人に支持される、そんなまったりとマイペースに余裕を持った生き方をしてみたいと思いませんか?

私ヤグナはそんな「まったり・マイペース・余裕(=ままよ)」を作る場所として、ままよカフェをやっています。ままよカフェの日々の研究や活動内容をLINEの「ままよ通信」でお届けしているので、興味があればご登録ください。興味がある方はもうままよカフェのメンバーの一員です。

<これからもまったりよろしくです>
button-4311
もちろん個人的なLINEを送ることはありませんし、解除は自由なのでご安心ください。
⇒ままよ通信をとりあえず受け取ってみる 


Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*