ムカつくことを忘れる方法|ため込まないコツ3選

今日もお疲れまです。ゆっくりしていってください♪

旦那がだらしない!上司がウザい!友達の彼氏自慢にイライラ!彼氏彼女の発言や行動に激怒!…日々ムカつくことってたくさんありますよね。

ムカついた時にうまい返しをするのも大切かもしれませんが、それもパワーが要るので忘れてしまう方が健全なことも多いですね。ということでムカつくことを忘れる方法を紹介してみます。

 

目次
 方法1.愚痴る相手と時間を作る
 方法2.身体を動かしてスッキリ
 方法3.自分にとってのハッピーエンドを描く
 おわりに

 

方法1.愚痴る相手を作る

ムカついたことを他の人に愚痴るのは有効です。スッキリするまで言いたいことを言いまくる。そして、それを聞いてくれる相手を持っておくと良いでしょう。

知り合いだとしゃべりにくいということであればまったく知らない人に愚痴るのも手です。私でもよければツイキャスで雑談カフェをやっているので、お気軽にきて愚痴っていってください。

愚痴れる相手は貴重な存在です。逆にいつも愚痴るだけにならないように注意しましょうね。人間関係はいつでもギブ&テイク、一方的に利用ばかりしないことが大切ですよね!

 

方法2.身体を動かしてスッキリ

運動することもオススメのストレス解消法です。中でも手っ取り早くできてオススメなのは「枕サンドバッグ」。枕をムカつく相手に見立てて、殴る!殴る!!殴る!!!

これが気持ちいいんですよ。もしできる環境ならお試しください。あとは、普通に好きなスポーツに打ち込むことももちろん効果的です。やっぱり打つ系のスポーツが気持ちがよさそうですね(笑)

 

方法3.自分にとってのハッピーエンドを作る

ムカついた相手とのやり取りって何度思い出しても腹が立ちますよね。このムカついたストーリーを頭の中でハッピーエンドに変えてあげましょう。内容ごと書き換えてしまうという荒技です。

どうやったらギャフンと言わせられるか、相手が恥ずかしい思いをするか、後々後悔させてやれるのか。本当にできるかどうかは置いといて、楽しいストーリーにすることです。悔しがってる相手の顔を想像しながら、次会えばなんだか楽な気持ちで会うことができますよ

 

おわりに

どんなにできた人でもムカつくことはあるでしょう。もうそれは相手に起因することなんだからしょうがないと思うんです。だから、「これを機にムカついた時の対処法を考えておきなさいよ!」ってことなんでしょうね。上に挙げたのは私の経験上効果のあるものなので、参考にしながら自分のやり方を探してみてください^^

ネガティブな感情は無理やりポジティブに考えようとせず、どこかにうまく吐き出してスッキリする「楽ティブシンキング」(※私が勝手に作った造語です)がいいと思うのです。

自分を経営して自分らしく生きる

仕事、友達、勉強、恋人、家族、ダイエット…人生のすべての悩みを解決するためには、「振り回されない自分」を作る必要があります!自分らしく生きても他人に支持される、そんなまったりとマイペースに余裕を持った生き方をしてみたいと思いませんか?

私ヤグナはそんな「まったり・マイペース・余裕(=ままよ)」を作る場所として、ままよカフェをやっています。ままよカフェの日々の研究や活動内容をLINEの「ままよ通信」でお届けしているので、興味があればご登録ください。興味がある方はもうままよカフェのメンバーの一員です。

<これからもまったりよろしくです>
button-4311
もちろん個人的なLINEを送ることはありませんし、解除は自由なのでご安心ください。
⇒ままよ通信をとりあえず受け取ってみる 


Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*