「なんのために生きるのか?」を考えた時に知ってほしい事実

「なんのために生きるのか?」という思いにとらわれることは人生に1度くらいはあるんじゃないでしょうか?・・・ないのかな?私が変なだけかもしれない。でも、なんのために生きているのかわからなくなる時というのは総じてものすごく辛いはず。今そんな辛い思いに心が支配されているあなたのために、対処法を考えてみました!

 

目次
・大層な意味はいらない
・身近な幸せを生きる意味にする
・おわりに

 

大層な意味はいらない

人間と動物のおおきな違いの一つに、生きる意味を求めるかどうかというものがあります。人間はなにをするにも納得のいく理由を求めます。一方、動物を考えてみましょう。果たしてそんなことを考えているでしょうか?

人間のように生きる意味を求める生物は他にはいないでしょう。ほかの生き物たちに聞いてみたらビックリするんじゃないかと思いますよ。「なんのために生きるって言われても、生きてるから生きるんだよ?」と言われそうな気がします(笑)

だから人間の生きる理由も本当は動物と変わらんのです。『生きてるから生きる』それだけなんだろうなぁって個人的には思うんですね。もっと言っちゃえば、生きることに理由は必要ない。見つかったら儲け物ってとこでしょうか?

 

身近な幸せを生きる意味にする

生きる意味を考える時というのは、私もそうですが結構暗い悩みにとらわれている時じゃないですか?就職先を探して自己分析しているうちに自己嫌悪に陥るとか、大好きだった彼女に振られてこの世の終りくらいに凹んだりとか、受験に失敗して親にイヤミを言われる日々を送っていたりとか・・・まぁ辛いですよね。

そういう時は『身近な幸せをとりあえず生きる意味にする』ことです。
ちょっと昔話をしましょう。ちょうど公認会計士の試験を受けるために大学院に一人通っていた時が、「みんなと生きる道を違えて俺はどこに行くのだろう?」と生きる意味を考えた時期でした。そんな時、見上げた夜空がやけに綺麗に見えたんです。冬の星空を見ながらただ泣いていたのを今でも思い出します。気持ち悪い?余計なお世話だ!(笑)

あの頃の私の救世主は『ただの夜空』だったんです。あなたの身の回りにもたくさんの幸せが転がっています。今はそれに気がつけていないだけ。少し目を凝らして、当たり前の幸せに気づいてください。そして、それがあるから生きていてもいいかぁ!でいいじゃないですか。

身近な幸せを喜べるようになると、急に心に余裕ができます。なんたって、ほかのことはすべてオプション・おまけなんですから

 

まったり自分のペースで生きる

仕事、友達、勉強、恋人、家族、ダイエット…人生のすべての悩みを解決するためには、「振り回されない自分」を作る必要があります!自分らしく生きても他人に支持される、そんなまったりとマイペースに余裕を持った生き方をしてみたいと思いませんか?

私ヤグナはそんな「まったり・マイペース・余裕(=ままよ)」を作る場所として、ままよカフェをやっています。ままよカフェの日々の研究や活動内容をLINEの「ままよ通信」でお届けしているので、興味があればご登録ください。興味がある方はもうままよカフェのメンバーの一員です。

<これからもまったりよろしくです>
button-4311
もちろん個人的なLINEを送ることはありませんし、解除は自由なのでご安心ください。
⇒ままよ通信をとりあえず受け取ってみる

 

※法人ブログの記事執筆・作成依頼を受け付けています。詳細はこちらからご覧ください。

 

 

 

自分の価値を高めるための手帳

「なめられたくない」

「必要とされたい」

「自分に自信を持ちたい」

そのためには自分の価値を高めることが必要です。自分の価値を高めるためには、それなりの戦略と実践記録、修正が不可欠。

自分の価値を高めるために必要なものをこの手帳で、すべてそろえることができます。

手作りでお届けしているため、作れる数に限界があります。お早目にお申込みください。

 

・自分価値向上用ままよ手帳(年間スケジュール帳付)

・スケジュール帳なし

おわりに

生きる意味がもしあるとすれば、人生を楽しむため。
 そして、小さいことに喜びを見つけることができる人ほど幸せな人生を送ることができる。
 大層な夢なんて幸せに生きるためには必要はないんです。

 

 

Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*