成長力・学習能力

「他人と比べてしまう」ウサギはなぜカメに負けたのか?

他人と比べて自分のダメさに落ち込んでしまう。そういうことは誰でも経験があるはず。というか、私は経験があります。同じようなことに悩んでいる人のためにこの記事を書いています。
童話の「ウサギとカメ」の話をご存知ですか?ウサギとカメが山の麓まで競争する話ですね。この童話のなかにヒントが眠っています。

 

目次
・ウサギはなぜカメに負けたのか?
・「他人と比べてしまう」を直す
・あなただけのゴールを設定しましょう
・まとめ

 

ウサギはなぜカメに負けたのか?

結論は知ってのとおり、カメの勝利!
足の速いウサギは、序盤でカメを大きく引き離し、その大差を見て昼寝を始めてしまい、そのまま負けてしまうわけですね。この童話の教訓は油断大敵と、足が遅くとも努力を継続すればウサギにも勝てる。ということで伝えられています。

しかし、もっと大事なことがこの童話から読み取れます。
それはウサギとカメの『目標の違い』です。
ウサギはカメに対する優位性を見せつけることが目的でした。だから、カメに大差をつけた時点で目標達成。
一方、カメは山の麓につくことを目標としました。だから、カメはうさぎを抜いたあともゴールだけを見て走り続けた。

 

「他人と比べてしまう」を直す

カメのすごいところは目標を見失わなかったことです。
もし、ウサギと比較していたらカメは途中で走ることをやめていたでしょう。もし、他人と比較して自己嫌悪に陥っているとしたら、目標の設定が間違っているということです。自分のゴールの見直しをしてみましょう。

 

あなただけのゴールを設定しましょう

ウサギとカメの話は、もしウサギが山の麓につくことだけを考えていたら、ウサギの圧勝で物語は終わってしまいます。そう、ウサギに勝てるとは限らない。しかし、そもそもウサギの目指すゴールとカメが目指すゴールが違うのが人生です!

あなただけのゴールはなんでしょうか?

その答えが見つかれば、ウサギの姿を気にすることはなくなるでしょう。もし、あなただけのゴールを見つけるのにお手伝いできることがあれば、こちらからご相談いただければと思います。

 

まとめ

★自分の目標がなければ他人と比べてしまう

★自分のゴールを設定しましょう

★それでも他人と比べてしまうなら目標見直しを


まったりと自分のペースで生きる

仕事、友達、勉強、恋人、家族、ダイエット…人生のすべての悩みを解決するためには、「振り回されない自分」を作る必要があります。

私ヤグナは振り回されない自分を作り「まったり・マイペース・余裕(=ままよ)」を持って生きる方法を研究するままよカフェをやっています。

ままよカフェの日々の研究や活動内容をLINEの「ままよ通信」でお届けしているので、興味がある方はもうままよカフェのメンバーの一員です。

※相談や愚痴もお気軽にどうぞ! まったりお使いください。解除も自由です

ABOUT ME
yaguna7
まったり・マイペース・余裕づくりカフェの店長ヤグナです。カフェはくつろげる場所という意味で名付けています。 人の話を聞いて考えの整理をお手伝いするのが好きで、これまでのべ1000以上の愚痴や相談をLINEなどでお伺いしてきました。 その中で心の余裕は人生を豊かにするために大事だということに気づき、様々な場面で余裕を作りだして自分のペースに持ち込むためのヒントをブログやサイトを通じてご紹介しています。
一緒によく読まれる記事