「他人と比べてしまう」ウサギはなぜカメに負けたのか?

他人と比べて自分のダメさに落ち込んでしまう。そういうことは誰でも経験があるはず。というか、私は経験があります。同じようなことに悩んでいる人のためにこの記事を書いています。
童話の「ウサギとカメ」の話をご存知ですか?ウサギとカメが山の麓まで競争する話ですね。この童話のなかにヒントが眠っています。

 

目次
・ウサギはなぜカメに負けたのか?
・「他人と比べてしまう」を直す
・あなただけのゴールを設定しましょう
・まとめ

 

ウサギはなぜカメに負けたのか?

結論は知ってのとおり、カメの勝利!
足の速いウサギは、序盤でカメを大きく引き離し、その大差を見て昼寝を始めてしまい、そのまま負けてしまうわけですね。この童話の教訓は油断大敵と、足が遅くとも努力を継続すればウサギにも勝てる。ということで伝えられています。

しかし、もっと大事なことがこの童話から読み取れます。
それはウサギとカメの『目標の違い』です。
ウサギはカメに対する優位性を見せつけることが目的でした。だから、カメに大差をつけた時点で目標達成。
一方、カメは山の麓につくことを目標としました。だから、カメはうさぎを抜いたあともゴールだけを見て走り続けた。

 

「他人と比べてしまう」を直す

カメのすごいところは目標を見失わなかったことです。
もし、ウサギと比較していたらカメは途中で走ることをやめていたでしょう。もし、他人と比較して自己嫌悪に陥っているとしたら、目標の設定が間違っているということです。自分のゴールの見直しをしてみましょう。

 

あなただけのゴールを設定しましょう

ウサギとカメの話は、もしウサギが山の麓につくことだけを考えていたら、ウサギの圧勝で物語は終わってしまいます。そう、ウサギに勝てるとは限らない。しかし、そもそもウサギの目指すゴールとカメが目指すゴールが違うのが人生です!

あなただけのゴールはなんでしょうか?

その答えが見つかれば、ウサギの姿を気にすることはなくなるでしょう。もし、あなただけのゴールを見つけるのにお手伝いできることがあれば、こちらからご相談いただければと思います。

 

 

自分の価値を高めるための手帳

「なめられたくない」

「必要とされたい」

「自分に自信を持ちたい」

そのためには自分の価値を高めることが必要です。自分の価値を高めるためには、それなりの戦略と実践記録、修正が不可欠。

自分の価値を高めるために必要なものをこの手帳で、すべてそろえることができます。

手作りでお届けしているため、作れる数に限界があります。お早目にお申込みください。

 

・自分価値向上用ままよ手帳(年間スケジュール帳付)

・スケジュール帳なし

まとめ

★自分の目標がなければ他人と比べてしまう

★自分のゴールを設定しましょう

★それでも他人と比べてしまうなら目標見直しを

 

まったり自分のペースで生きる

仕事、友達、勉強、恋人、家族、ダイエット…人生のすべての悩みを解決するためには、「振り回されない自分」を作る必要があります!自分らしく生きても他人に支持される、そんなまったりとマイペースに余裕を持った生き方をしてみたいと思いませんか?

私ヤグナはそんな「まったり・マイペース・余裕(=ままよ)」を作る場所として、ままよカフェをやっています。ままよカフェの日々の研究や活動内容をLINEの「ままよ通信」でお届けしているので、興味があればご登録ください。興味がある方はもうままよカフェのメンバーの一員です。

<これからもまったりよろしくです>
button-4311
もちろん個人的なLINEを送ることはありませんし、解除は自由なのでご安心ください。
⇒ままよ通信をとりあえず受け取ってみる

 

※法人ブログの記事執筆・作成依頼を受け付けています。詳細はこちらからご覧ください。

 

Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*